引きこもり息子を900万で支援事業者に託すも、息子は2年後に餓死

1: ホスカルネット(宮崎県) [US] : 2021/09/14(火) 07:27:13.16 ID:JVmmyz9U0● BE:512899213-PLT(27000)
sssp://img.5ch.net/ico/anime_karake.gif
支援事業者に託した引きこもりの息子が…提訴した母の悔恨
自立支援業者の支援を受けた40代の男性がアパートで一人で亡くなっていたのは業者が継続的な支援が必要だったのに放置したのが原因として、男性の家族が今年1月、業者を相手取り計約5千万円の損害賠償訴訟を東京地裁に起こした。わらをもすがる思いで高額な契約金を支払ったが、「自立を促す」との名目で男性と長期間引き離され、最悪の結果になった。「本当にかわいそうなことをした。毎日仏壇に向かって謝っている」。男性の80代の母親は、自責の念をぬぐえずにいる。

■契約金900万円超
関東地方で暮らしていたタカユキさん(仮名)=死亡時(48)=は、勤め先の上司との関係に悩み、20代前半から引きこもるようになった。両親は保健所に相談したほか、同じような境遇の親との交流会に参加するなどしたが、事態は好転しなかった。平成28年に父親が亡くなり、先行きに不安を感じた母親は娘とも相談し、専門業者を頼った。

インターネットで見つけた引きこもりの自立支援事業などを手掛ける「クリアアンサー」=東京都新宿区、破産手続き中=に連絡。29年1月、同社が運営する「あけぼのばし自立支援センター」(同区)の担当者と面談すると、半年間のコースを勧められた。契約金は900万円超と高額だったが、「社会生活、職探しをして職を失っても永続的にサポートする」とのうたい文句を信じ、支払った。
しばらくすると、ガードマンのような屈強な男性を含むセンターの担当者5人がやってきた。母親が2階にあるタカユキさんの部屋に案内すると「下(の階)にいてください」と言い、担当者3人が部屋に入っていった。
20~30分後、タカユキさんが部屋から出てきた。「家族に裏切られたと思うかもしれない」。後悔の念に駆られたが、担当者らはタカユキさんを車に乗せ、去った。それが息子の姿を見た最後になった。

■「自立のため」連絡控え
センターに入所したタカユキさんからは毎月1回、直筆の日誌などが送られてきた。「気持ちが前向きになってきた」などとつづられていたが、母親が「連絡を取りたい」と頼んでも、担当者は「本人のためにならない」と応じようとしなかった。

https://www.sankei.com/article/20210912-UNTV4XOYD5NJDM4JIM47QNKWRY/

引用元: 【悲報】引きこもり40台息子を救おうと高額な契約金を支払い支援事業者に託すが、息子2年後に餓死 [512899213]

続きを読む
サブコンテンツ

素人アロマエステ 東京密着ROOM

NK流復活のお知らせ

奥様発情の会

いきなりビンビン伝説

池袋で求められる俺のカラダ

池袋いきなりビンビン伝説

渋谷風俗口コミちゃんねる

このページの先頭へ