都内某所の過激ハプニングバーが保険証必須の深いワケ

歴史的建造物が建ち並ぶ都内の有名観光地。
その喧騒から少しはずれたエリアに過激ハプニングバー「S」は存在する。
男性はフリータイムで4000円。入会金ゼロという破格の安さ。
ただしドリンク代は別のようだが……。

行った経験がある40代男性が証言する。

「新宿や渋谷などにくらべると、
冷やかしではなく、本気の女性が多いこと多いこと……」


その男性はとある平日の昼間に入店。
どうやらそのハプバーのコミュニケーションスペースは、
大きく2つに分かれているとのこと。
ひとつはノーマル、そしてもうひとつが「パンツ一丁」のエリアだという。

体験者いわく、
「入店して20分ほどで、
推定50代のぽっちゃり熟女に『お一人?』と話しかけられて、
自販機で買ったビールを一緒に飲むうちに、だんだんエロいトークに‥‥。
それから“小部屋”で体をまさぐりあって、
別のカップルに見られながら最後までイッちゃいました」


hapuba442.jpg

狙い目は平日の昼間。
欲求不満の人妻がおしのびで来店しては、
たまりにたまった性欲を発散させていくという。
男にとっては天国のような店だが、入店の際には保険証が欠かせない。

なぜ保険証が必須なのか。
事情を知る常連に聞くと、

「警察対策ですよ。
保険証を見れば警察官かどうかが一発でわかるんです。
それだけ毎日のようにハプニングが発生しているということ。
とはいえ、警察も本気で摘発しようと思えば、
ニセの保険証なんてすぐに用意できますからね。
遊ぶ際はくれぐれも慎重に……」


この店は今日も多くの人妻でにぎわっていることだろう。




サブコンテンツ

素人アロマエステ 東京密着ROOM

NK流復活のお知らせ

奥様発情の会

いきなりビンビン伝説

池袋で求められる俺のカラダ

池袋いきなりビンビン伝説

渋谷風俗口コミちゃんねる

このページの先頭へ