六本木で看板のない「闇スナック」が絶賛稼働中

一見、何の変哲もないごく普通のマンション。
しかし、夜になると男たちがゾロゾロと吸い込まれるように消えていく。
中には和服姿の女性に手を引かれて中へと入っていく男性客も…。
マンションの入り口にはそれらしき看板はいっさい見当たらない。
事情通の話では、彼らは最近増えている「闇スナック」の客だという。

「ごく普通のマンションの一室でひっそりと営業していますよ。
夜は人の出入りが激しくなるので、
周囲の住民は不思議に思うかもしれませんね」

営業形態は秘密のベールに包まれていたが…。

「営業は夜8時くらいから早朝まで。
騒音で苦情がくるのでカラオケなどはありません。
大半は一般家庭のリビングに少し手を加えた程度の内装で、
まるで愛人の家にいるかのような気分が味わえるんです」


店はどこも完全会員制で、常連の紹介がないと入れない。
また、看板を出していないので、一見客が来ることはない。
路地裏にある、一棟のマンション。

roppo111203.jpg

そこは「闇スナック」が多くひしめく激戦区のようで、
十数軒の店舗がこっそり営業しているとか。
同じく事情通によれば、
「もともとはクラブのママやチーママが副業で始めたのが走り。
というのも、六本木にはアフターで行けるような
落ち着いた雰囲気の店が少ない。
客のニーズに合わせて、ゴロンと横になれるような
和室の店もあるそうですよ」


きちんと営業許可を取っているかどうかは定かではない。
サブコンテンツ

素人アロマエステ 東京密着ROOM

NK流復活のお知らせ

奥様発情の会

いきなりビンビン伝説

池袋で求められる俺のカラダ

池袋いきなりビンビン伝説

渋谷風俗口コミちゃんねる

このページの先頭へ