関東某所で暗闇乱交が行なわれていた 1

詳細な場所は明かせないが、
首都圏からは車で3時間ほど離れた郊外で、
マニアの集いがひっそりと行なわれた。
会場となったのは、普段は南米の料理を提供するレストラン。
ドアには「CLOSE」の看板がかかっていたが、
深夜1時をまわった頃に、車が1台また1台とやって来て、
駐車場は満車状態となった――。

kurayami2222.jpg


この暗闇乱交について、情報をもたらしてくれた関係者が言う。

「首都圏のサークルが定期的に開催しているんだけど、
最近になって頻繁にやっているのが暗闇乱交。
会場を真っ暗にして手探り状態でハメを外すわけだ。
もともとは『見えていないのだから公然わいせつに問われない』と、
警察対策で始めたようだけど、
お互いの姿が見えない状態だと特定の人物に集中することなく、
まんべんかつ公平にイイ思いができるとあって、評判は上々のようだ」


さて、8月上旬に行なわれたパーティ当日、
関係者の仲介もあって、ある条件つきで特別に参加を許された。

レストランは周囲を田畑に囲まれ、
駐車場のエンジン音を覗いて聞こえるのは蛙の鳴き声くらいだ。

関係者の案内でレストラン入り口までやって来た。
意外にも、入場チェックなどはユルく、
名前を告げるだけで会場内へと入ることができた。

kurayami1123.jpg

関係者いわく、
「会場のだいたいの場所は
前日に伝えておいて、詳しい場所は
1時間ほど前にLINEグループに一斉送信されたので
部外者がやって来る可能性はないはずです」


レストランに入ると、即席のクロークがあり、
参加者はそこで貴重品や携帯電話などを預ける。
身ひとつでカーテンで仕切られた「脱衣所」に入り、
そこから奥にある乱交会場へと向かうシステムだそうだ。

黒布で覆われた乱交会場に光が入る隙はない。
そこからはネチョネチョとした卑猥な音がこぼれていた。
何も見えない本当の暗闇で、男女がどのようにまぐわっているのか。
服を脱ぎ捨てて、完全密閉された闇へと足を踏み入れた。(続く)
サブコンテンツ

素人アロマエステ 東京密着ROOM

NK流復活のお知らせ

奥様発情の会

いきなりビンビン伝説

池袋で求められる俺のカラダ

池袋いきなりビンビン伝説

渋谷風俗口コミちゃんねる

このページの先頭へ