杉並区に出没! ワンコイン立ちんぼを買ってみた 1

最寄り駅から徒歩でおよそ10分、
住宅街のどまんなかにあるごく小さな公園。
遊具は何ひとつ置いていない。
殺風景なスペースにひとつだけ建つ街灯は、
多目的トイレの前にたたずむ“その女”を不気味に照らしていた……。

「近所じゃ有名ですよ。毎晩立ってるんですから。
そこにいないときは、トイレの中で抜いているか、
もしくはどこかに連れ込まれてるんですよ。
え? 私? こわくてとてもとても……」


つい先日、仕事帰りにフラリと入った焼鳥屋の主人は
まるで怪談でも話すように語ってくれた。
どうやら常連客の間でも、立ちんぼの噂でもちきりのようだ。

たまたまカウンター席の隣に居合わせた常連の一人が、
買ったことがあるというので、聞いてみると、

「そんなにババアじゃないですよ。
30代後半か40代ってとこですかね?
トイレでサクサクっと抜くなら500円って話だったので、
実際に本人に話を聞いたら、それは手の料金だと。
1000円出せば口でやらせてくれるっていうんで、
お願いしたら、なかなかのもんでね。
まあ、どんな具合だったかは
酔っぱらってたんであまり覚えてないなぁ」


聞けば、現場の公園はこの焼鳥屋のすぐ近くだという。
さっそく勘定をすませて向かうと、その女は実在した。

先ほどの体験者が話していた通り、
真夏だというのにダウンジャケットを羽織っている。
どうやら間違いなさそうだ。



「○○さん(常連さんの名前)に聞いてきたんですけど」
おそるおそる話しかける。すると……。

「あ、せっかくなのにごめんなさい。
ちょっと“予約”が入っているのでね。
もうすぐお客さんが来るの。1時間後に電話して」


tati-8871.jpg

こう言って携帯番号が書かれた名刺を渡すのだった。
暗がりでハッキリとは見えないが、目元はパッチリしていてそれほど悪くない。
しいて言うなら、エラの張った大地真央といったところか。
ある程度は覚悟していた悪臭も、それほど感じなかった。

それから約束の1時間後、渡された番号に電話をかけると、
「さっきはゴメンなさい。
場所なんだけど、さっきの公園でいい?
それともホテルにする? ○○駅まではチャリで行けるから」


「せっかくなので……」と、ラブホでのプレイを希望すると、
料金は交通費(というか移動の手間賃)を含めて3000円でいいという。
当然、ラブホ代はこちら持ちだ。

さて、深夜2時をまわったころ、駅前で彼女と再会を果たす。

「もう汗だくで~(笑)。
今日暑かったし、ホテルにしてくれて助かる」


こう言って微笑んでいた3000円立ちんぼ。
ホテルにチェックインして、その本性を知ることになるのだが……。
そのハメ体験はまた後日、改めて。


コチラはFC2コンテンツマーケットで話題のウラ動画


サブコンテンツ

素人アロマエステ 東京密着ROOM

NK流復活のお知らせ

奥様発情の会

いきなりビンビン伝説

池袋で求められる俺のカラダ

池袋いきなりビンビン伝説

渋谷風俗口コミちゃんねる

このページの先頭へ