有名ちょんの間が深夜に連れ出しを解禁した

前回、飛田新地のことを書いたら、かなりアクセスが増えた。

飛田新地のちょんの間嬢の月収を聞いてみた

というわけで今回も大阪のちょんの間の話題。
ここもまた飛田と同じく関西五大新地のひとつに数えられるかんなみ新地。

kannami776.jpg

戦後の焼け跡に建てられたバラックが起源というから、
なんとも歴史情緒あふれる置屋街になっている。
ちなみに「かんなみ」の由来は、所在地の「神田南通」を縮めたものらしい。

この新地もまた、通りから女の子の容姿が丸見えのため、
嬢のレベルはおしなべて高い。
kannami109.jpg
おそらく5年ぶりだろうか。
まず驚いたのは、コスプレ嬢が増えたこと。
Tシャツやらジーンズやらフツーの私服のネエチャンが突っ立っているだけ
というイメージが強かったが…ところがどっこい。

kannami323.jpg
写真はイメージです

胸元が大きく開いたエロナースやミニスカ警官、ド派手な水着ギャルまで…。
とにかく衣装の過激さは飛田をはるかにしのぐ。
ただ通りを歩いて、冷やかすだけでも十分に楽しめる。

といってもこの新地の弱みは、狭い、汚い、暗いの三拍子がそろったヤリ部屋。
はしごのような急角度の階段をのぼり(おそらく警察対策の名残)、
ここは忍者屋敷の隠し部屋か、と思わせるような3畳ほどの部屋で
一戦まじえるのだが、みしみしと柱が音を立てて、プレイに集中できないのが難点だった。

そして一見には必ずふっかけてくるヤリ手ババアたち。
「20分で1万2千円は一見さん価格。
常連なら1万円も出さずにパッパとお気に入りの嬢とハメていく」
とはこの街を知る十年来の知人。
そして彼が教えてくれたのが深夜12時以降の極秘サービス。

「12時を過ぎると、置屋の灯りは消す。
だけど稼ぎたい子はこっそりと店外プレイにも応じてくれる
とてもレアなケースだけどね……」
とのこと。

実際、12時を過ぎても、灯りを極力落として、営業を続ける置屋は多い。
その中の一軒に目が止まる。

さっきまで派手なナースコスプレで、愛想を振りまいていた巨乳ギャルが、
Tシャツに着替えてタバコをふかしていた。
置屋の玄関は開いている。これはまだ営業しているということか。

「まだやってる?」
試しに聞いてみた。

「はい。大丈夫ですよ」
「外でもできるって聞いたんだけど」
「……誰に聞きました?」
「う~ん、地元の人。さっきまで飲んでた」

すると安心したのか、値段交渉がスタート。
ホテル代別で1万円でまとまると、
その巨乳ギャルはパーカーを羽織って裏の勝手口から外へ出てきた。

「絶対、ナイショだからね。それに今日は特別だから」と見せたイタズラっぽい笑みが、とても可愛らしく見えた。

腕を組んで徒歩5分ほどのところにある安ホテルへ。
もちろん、置屋にはないシャワーもここにはある。
お互いのカラダをキレイにしたところで、生フェラから
シックスナイン、そしてディープキスと一連のプレイを堪能。
合体はもちろんゴムあり(泣)

kannami662.jpg

勃起サプリの効果もあって、射精後も股間は終始ギンギンに猛っているという有り様。
てっきり2回戦もOKかと思いきや、ハメは1回のみだと言って聞かない。
仕方なく、ホテルに戻って、脳内の映像で性欲処理することに…。

という情けないエピローグがあったものの
広々としたベッドで、ちょんの間嬢とハメるのはなんともVIPな気分。
飛田にもまさるとも劣らないかんなみ新地のエロギャル。
連れ出しプレイもいいけれど、やはりあの狭いヤリ部屋での一発も風情があっていいものだ、とつくづく実感したのでありました。


サブコンテンツ

素人アロマエステ 東京密着ROOM

NK流復活のお知らせ

奥様発情の会

いきなりビンビン伝説

池袋で求められる俺のカラダ

池袋いきなりビンビン伝説

渋谷風俗口コミちゃんねる

このページの先頭へ